着物の状態を保つための保管方法は?

着物の美しさを保つために

着物はデリケートな衣類です。Tシャツなどと同じように、無造作にしまうわけにはいきません。滅多に着ないものであればなおさら、保管状態に気を付け、美しさを保ちたいものですね。
先ずは、正しくたたむことが大切です。しわにならないように縫い目のところで折って、長方形になるようにたたみます。刺繍や箔があるものは、その部分に和紙などの紙を当てると、変色や箔が落ちるのを防ぐことが出来ます。収納する際は、着物用のたとう紙に一枚ずつ包んで収納しましょう。収納には、防虫効果があり、湿気も溜まりにくい桐のタンスが適しています。プラスチックなどの衣装ケースは、通気性が悪く生地が傷むことがあるので適しません。底には白木綿を敷いて、互い違いになるようにしまいましょう。

収納時に注意したいこと

収納したら、状態を保つために注意したいことがあります。
複数の種類の防虫剤を一緒に使うと、シミや変色が起こることがあるのは着物も洋服も同じです。必ず防虫剤は一種類にし、なるべく着物用のものを使うようにしましょう。金糸・銀糸は化学変化を起こしやすいので特に注意が必要です。乾燥剤は防虫剤と併用可能ですが、シリカゲルのものがよいでしょう。防虫剤・乾燥剤は直接着物の上に置いたりせず、タンスの隅に入れるようにします。着物は一度シミなどが出来ると、クリーニングできれいにするのが難しいことも多いので、普段から保管状態に気を付けることが大切です。着ようと思ったらシミやカビが出来ていたという事態も防げます。着ない着物を売る場合も、きれいな状態のほうが高く売れるでしょう。

© Copyright Extremely Kimono. All Rights Reserved.