中古の着物は売れる?どういう着物が高く売れるの?

着物買い取りで価値が高くなる着物とは何か

着物をある程度持っている方の中には、これまで要らなくなった着物を買い取りの専門業者に出したという経験がある方も少なくは無いでしょう。
着物の買い取りというのは、その着物がどの職人によって作られたもので、どのような素材を使っているのかが、査定の際の重要な要素となります。高級で有名な職人が作った布から作られた着物の場合、最高級品として、信じられないような価格が付くことがあります。また着物職人の中でも一流の腕前の職人が仕立てたものは、良品として、丁重に査定してもらうことができるので、高級な着物を持っている場合には、査定実績が豊富な着物店に持ち込むことが一番です。着物は品質と作った職人で価格が左右されます。

量販品の着物でも査定が高くなることはある

量販品の着物で、無名の着物でも査定額が高くなることがあります。
高くなるというのは、その価値が高くなるというわけではなく、中古として販売した割には高く売れるという意味合いです。量販品の着物で保管状態が良かったり、経年劣化があまり見られず、品質がしっかりとしている場合には、購入した金額とあまり変わらないような価格で、査定してもらえることもあります。着物の査定金額は通常の使い古した着物ならば、さほど価値はあがりませんが、状態の良い品物ならばそれを考慮してもらうこともできるのです。着物のコレクションの中で、良品がある場合には、ぜひ査定店などにいき、その着物の価格についてじっくり査定してもらうのも良いでしょう。

© Copyright Extremely Kimono. All Rights Reserved.